ジスロマック

[YD]よのって、誰?

いや、正体はバレバレなんだけどね(笑)

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 理由(2)…ナレッジマネジメントな理由・前編 | TOP | 理由(4)…そもそも、自分がSOHOな理由 >>

2013.06.09 Sunday

スポンサーサイト

0


    一定期間更新がないため広告を表示しています


    | - | - | - | - | - | |
    2004.09.16 Thursday

    理由(3)…ナレッジマネジメントな理由・後編

    0


      しかし、現在では「ナレッジ・マネジメント」という言葉と「SOHO」という形態は、絶対的に矛盾している(笑)
      なぜならば「ナレッジ・マネジメント」を志向しているコンサルタントの大半が、大規模な「企業内ナレッジ・マネジメント・システム」とセットで、自社システムを導入する形での「提案営業」が主流だからだ。

      確かに、大企業での全社的ナレッジ・マネジメントはかなりのメリットを生む。
      全社の「ナレッジ」を蓄積し、相互運用まで可能にしてしまえば、かなりのパフォーマンスを生むことになる。
      だから、ミドルウェアと抱き合わせで販売されることが多い(笑)。

      そんな事情もあり、ナレッジマネジメントはシステムインテグレートの世界と混同されることが多い。

      ウチはシステムインテグレートはしません(笑)。

      ナレッジ・マネジメントの考え方を自社内で確立するために本当に必要なのは「どんなシステムを導入するか」ではなく「どうやってその仕組みを確立するか」なのだ、という事。高価なシステムだけを導入し、それが飾りになってしまうことも多いのだ。

      そんなわけで、SOHOとか、中小企業にとって、ナレッジ・マネジメントは「高嶺の花」でもあり、「雲の上の人達がする話」にもされてしまっていたりする。

      が、本当にナレッジ・マネジメントが必要なのは、その「手が出せない」SOHOや中小企業なのだとボクは考えている。

      こうした形態で仕事をしていると、大企業に食われることが多い。
      弱小が手をだし、市場があると思ったら資金力で一気に参入し、弱小を駆逐する…そんなパターンが、幾度となく繰り広げられてきた。
      大手が手を出し、駆逐されてしまう背景には「大企業が手を出してもまねの出来ないもの」を構築出来ないという事情がある。
      一般的に中小企業やSOHOは、一度自分の業務スタイルが出来上がってしまうと、そこから収益を得ることに手一杯になり、「次」を生み出すことが出来ないのだ。
      考えているヒマがない、動かす余裕がない…

      が、日常的に自分の中でフィードバックをし、それを記録していくことが出来れば、何かの拍子にそれを読み「考え直す」ことが出来る。
      (ここがナレッジ・マネジメントの一番重要なところ)
      そうやってナレッジ・マネジメントの考え方を体に染み込ませ、蓄積し、「いつでも使える」状態を構築することは、機動力の必要なSOHO・中小企業にとって、自分であるために、自分の看板を誰にも誇れるものにするために必要不可欠なのだ。
      大企業に駆逐される前に「次の一手」を打てなければ、おしまいなのだ。

      先にも書いたが、ナレッジ・マネジメントは、コストの問題ではない。
      まして、システムの問題でもない。

      単純に「意識」の問題なのだ。

      そう考えると、ナレッジ・マネジメントは「高価な」仕組みではない。
      まして「お金を出さなければできない」ものでもない。
      単純に「自分の身の丈にあった」方法論さえ見つけ出せばよいのだ。

      出来る人には、Wordいっこでナレッジマネジメントはできる。
      それがイヤなら、ブログでもできる(笑)。
      昔流行ったKJ法でもいっこうにかまわないのだ(笑)。

      あとは継続する力だけ(笑)。

      だからこそ、「ナレッジ・マネジメント」は誰にでも出来るもの、かつ誰にでも今後必要不可欠になるもの、という事をひとりでも多くの人に知ってもらいたいと思っている。
      そのための手助けをし、一人でも多くのSOHOに自分なりの仕事方法を見つけ出して欲しい。
      今はまだそれを伝え始めようとしている段階。だからきっと、すごく時間がかかる(笑)。

      まあ、「パソコンの出張サポートといえば大手と年間契約で大規模な取引」が主流、個人向けのマーケットは成立しないといわれていた時代に個人向けを始めたことを思えば、それでもいいのかな、って…
      2013.06.09 Sunday

      スポンサーサイト

      0



        00:57 | - | - | - | - | - | |
        関連する記事:

        コメント

        コメントする









        この記事のトラックバックURL

        http://yonosan.jugem.cc/trackback/259

        トラックバック

        ▲top