ジスロマック

[YD]よのって、誰?

いや、正体はバレバレなんだけどね(笑)

<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 夏バテ… | TOP | 友人の車が自衛隊のフォークリフトに >>

2013.06.09 Sunday

スポンサーサイト

0


    一定期間更新がないため広告を表示しています


    | - | - | - | - | - | |
    2004.07.04 Sunday

    ケーブルテレビもまだ捨てたもんじゃない…ってことか

    0


      光ファイバに未来を託してしまった現在のインターネットインフラの世界で、速度に限界があるとされたCATV。でも、まだ未来はあるのかも…

      ITmedia ライフスタイル:同軸ケーブルが“光”を超える? 「c.LINK」の仕組み
      テレビの同軸ケーブルを使い、現在のFTTHを超える270Mbpsの伝送速度を実現する新しい通信技術「c.LINK」が「ケーブルテレビ2004」に登場した。松下はHDTVの伝送を前提としたホームネットワークを、またブロードネットマックスはマンションの構内ネットワークシステムを出展している。



      このニュースでは、現状で「CATVインターネットの基幹インフラとしての利用は考えいていない」とのことだけれども、たとえば幹線は光ファイバ、中継点と末端はこの技術で、ということであれば、かなりの速度アップが期待できそう。

      かくいうウチがCATVインターネットを利用しており、30Mであきらめたほうがいいのかな…と思っていたので、これは朗報。
      もっとも、現状でもかなり満足なんだけど(笑)

      「逆境」と言われ続けながら、地上デジタルにいち早く対応してみたり、「有線だから」できるサービスに積極的なCATV。がんばってほしいものです。

      もっとも、無線が主流になっちゃうと、そっちにシフトしちゃうんだろうな…(笑)
      2013.06.09 Sunday

      スポンサーサイト

      0



        18:51 | - | - | - | - | - | |
        関連する記事:

        コメント

        >隙間すいっちってどこかで聞いた(笑)
        >
        >その新しい隙間を見つけて自分のモノにできる人が
        >一握りの成功者になるのですね・・

        でも、逆に言えば「マスに訴えかける必要がない」という意味で、チャンスは広がるんですよ(^^)
        2004/07/05 8:29 AM by よの
        隙間すいっちってどこかで聞いた(笑)

        その新しい隙間を見つけて自分のモノにできる人が
        一握りの成功者になるのですね・・

        あー。やはり私は凡人の域で終わりそうです(*^^*)(笑)
        2004/07/05 12:34 AM by 凛子
        そう。でも競争があるから、ボクたちはもっと便利になる(^^)

        競争をしたくなければ、「ほかには誰も真似のできないこと」が必要。

        それが隙間産業(^^)
        ボクはニッチが大好き(爆)なので、死ぬまで多分その世界で生きていくはず。

        「隙間」をビジネスにするためには、常に新しい隙間を見つけなければいけないんだけど…(^^ゞ
        2004/07/04 9:44 PM by よの
        インフラと技術革新。。。
        隙間産業。。。

        イロイロ。。。

        常に競争。
        大変だぁ〜!(笑)
        2004/07/04 9:37 PM by white

        コメントする









        この記事のトラックバックURL

        http://yonosan.jugem.cc/trackback/164

        トラックバック

        ▲top