ジスロマック

[YD]よのって、誰?

いや、正体はバレバレなんだけどね(笑)

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 乾電池式スマートフォン充電器を使ってみた #IS03 | TOP | 祝!九州!!すごいことになってたんだねぇ\(^o^)/ >>

2013.06.09 Sunday

スポンサーサイト

0


    一定期間更新がないため広告を表示しています


    | - | - | - | - | - | |
    2011.06.13 Monday

    「富士」を確認しに

    0


      昼間、長浦港を通りすがってみた。

       

      深田サルベージが普段し使用している岸壁ではなく、市営桟橋に留まっていました。
      手前は同じ深田サルベージのデッキパージ「DB備讃」のお供をすることが多い曳船「第一明祐」。どこの会社の船かよくわかりませんが…。

      ちなみに普段使用している区画は…


      手前から揚錨船「神宝」、曳船「明陽丸」、小型起重機船「ゆうづき」と密集。
      こんなに集まってるのは久しぶりかも。


      左が「神宝」、右が「ゆうづき」。
      実はあまり写真に撮ろうと思ったことがない(笑)のだけれど、長浦港の常連。

      その「神宝」の後ろにみえている「富士」に、せっかくだから近づいてみた。

       

      うん、さすがにデカい。
      船橋にマンボウの絵が書いてあります。ちょっとお茶目。


      岸壁と見比べるとその大きさがよくわかる。

      ちなみに市営桟橋側に来てやっと「第一明祐」がウロウロしていた理由が判明。
      DB備讃になにか荷物の積み下ろしをしていた模様。


      「富士」の裏から慌ただしく出てきた曳船「さくら」と第二十三たけ丸。
      その先には件のDB備讃が。


      この後さくらと、既に備讃に着けていた「もみじ」が備讃をゆうづきの横に移動。
      空いたスペースに手早く第二十三たけ丸と第一明祐が接岸。



      そういう手はずになっていた模様。

      「ゆうづき」「備讃」を含め、しばらく空っぽに近い状態が続いていたのに、なんだが久々に活気が。
      被災地の事も含め、まだやることはいっぱいあるんだろうけど…ね。
      2013.06.09 Sunday

      スポンサーサイト

      0



        22:59 | - | - | - | - | - | |
        関連する記事:

        コメント

        コメントする









        この記事のトラックバックURL

        http://yonosan.jugem.cc/trackback/1238

        トラックバック

        ▲top