ジスロマック

[YD]よのって、誰?

いや、正体はバレバレなんだけどね(笑)

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< まずは日常を取り戻すこと | TOP | 昔は堅苦しく考えていた #jishin >>

2013.06.09 Sunday

スポンサーサイト

0


    一定期間更新がないため広告を表示しています


    | - | - | - | - | - | |
    2011.03.14 Monday

    今日の横須賀北部 #jishin #yokosuka

    0



      今日、同様に無事だった市内のお客様からご依頼があったことを良いことに、市内を見て回ってきました。
      移動はチャリ。「自転車で行きます!」と行ったらお客様は目を丸くしていた(笑)けれど、これもお腹に溜まった無駄なエネルギーの有効活用(笑)。

      上記はツイッターでも投稿した昼間の横須賀駅。


      上記は横須賀駅の駅舎。終日運転取りやめに伴ってシャッターが閉まっており、バスだけが頼みの綱。
      京浜急行も計画停電に伴って日中の運転を取りやめていたため、被災とは別の意味で陸の孤島と貸してしまっていた三浦半島では貴重な足。長距離路線は交通状況が不安定なためか本数が少なめだったように見えるけれど、近距離路線は結構ピストン輸送を行っていたようです。

       

      その横須賀駅、あるいは更に先を目指して国道16号を歩く人多数。
      ここでは車は少なめに見えるけれども、時間を追うに連れて渋滞は激しくなっていきました。


      こちらは行きがけに撮影した長浦港。
      写真は海上自衛隊・沖縄基地隊の掃海艇「あおしま」。
      燃料補給中。ここで補給を済ませて三陸沖に向かうものと思われます。

      地震当日横須賀を急速出港して行った艦艇の一隻「みょうこう」が、沖合15キロを漂流中の被災者を救助するという、生存していた事そのものが奇跡に近いという救難活動を行っていましたが、小回りが効き、かつ本来の目的が「海の(機雷の)お掃除」である掃海艇は、護衛艦には出来ない範囲での生存者の救難や捜索などに活躍するものと思われます。


      こちらはここが母港の「すがしま」。
      余りカラッポになるわけにもいかないのは当然の事で、東京湾の留守居役を務めている模様。

      横須賀港も含め、本当にほぼすべての艦艇が出払っています。
      救難に、復興支援に…活躍を祈ります。


      米軍艦艇も空母ジョージ・ワシントン他一部艦艇を除いてすべて出動してくれている模様。
      ジョージ・ワシントンの代役としてロナルド・レーガンや多数の揚陸艦が洋上基地の役割を果たしているようです。


      こちらは夜の横須賀中央。
      車通り、人通りとも、16号と違いまばら。開いている店も少ないですが、居酒屋など結構な数の飲食店はオープンしていました。

      人により意見はさまざまだけれど、そういう事も大事。
      特に「歩いて」遠方から帰宅した人にとっては、大切な休息の場所。


      こちらもツイッターで流した京急・汐入駅の運転取りやめを案内した張り紙。
      朝の通勤ラッシュの映像などテレビで繰り返し流されていますが、警察を動員して、改札前での入場制限を行うほどの混乱した状況下で安全確認が困難という理由で運転を取りやめたのは、利用者としては複雑だけれども賢明だし、やむを得なかったのだろうと思います。

      本日分の計画停電が終了し、JR横須賀線がとりあえず東京〜逗子間で折り返し運転を始めたことで乗客が分散し、ある程度あんz年確保の目処が立ちそう…という理由で夜から運転が再開されたのでしょう。
      まだ大変だけれど、足が確保できたことでとりあえず安心…という事につながれば良いのですが。

      明日も計画停電が予定されており、ボクの済む場所(第3グループ)は朝から3時間ほどの停電を予定。
      交通機関への影響がどの程度のものになるのかはわからないけれど、こればかりは鉄道会社も、利用するボクたちも、一人ひとりがノウハウを蓄積して、制限された環境下で以下に効率よく行動できるかを見つけ出すことが必要。

      くどいようだけれど、とりあえず無事だったのだから。

      2013.06.09 Sunday

      スポンサーサイト

      0



        22:52 | - | - | - | - | - | |
        関連する記事:

        コメント

        コメントする









        この記事のトラックバックURL

        http://yonosan.jugem.cc/trackback/1224

        トラックバック

        ▲top