ジスロマック

[YD]よのって、誰?

いや、正体はバレバレなんだけどね(笑)

<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 晩秋の秦野 | TOP | 相武幼稚園・クリスマスイルミネーション >>

2013.06.09 Sunday

スポンサーサイト

0


    一定期間更新がないため広告を表示しています


    | - | - | - | - | - | |
    2009.11.22 Sunday

    大山・イルミネーション初日

    0


      お客様を終え、一路大山へ。
      昼間から大混雑だったらしく、車で向かう道すがら、何台もの臨時シャトルバスとすれ違いました。
      駐車場が混んでいるか…麓の臨時無料駐車場に止めた方が良かったか…と不安に思っていたのだけれど、昼間の人たちとライトアップ目当ての人たちの境目の時間だったらしく、幸い市営第一駐車場に滑り込む事に成功。
      ケーブルカーが混んでいるのを嫌い、久々に歩いて登ってみました。

      歩いて行くと、大山寺の目の前、通称「前不動」こと来迎院あたりから、ライトアップが見え始めます。



      もう既に真っ赤\(^o^)/
      期待は高まります(笑)。
      もう、自分を押さえきれずに本堂前の階段へ。





      本当に一面真っ赤。
      昼間は何度か見ているわけですが、夜、しかもライトアップされているものがこんなに美しいとは。

      本堂正面からは相模平野一望。



      江の島が写っているのわかるでしょうか?
      午前中麓から見上げた時、やや靄がかかっていたように見えたのですが、この時間にはスッキリ。
      ただし、風があったため、シャッタースピード勝負一辺倒のボクの撮影方法では、風にそよいだ葉や移動する人がゴーストのようになってしまいます。
      しかも登るにつれてやや強めの風が吹くようになったので、それで紅葉部分がベタ塗り状態になってしまった写真多数(笑)。

      気が狂ったように写真を撮り続け、ふと時間に制限があること(ライトアップは8時頃まで)を思い出し、我に帰って更に上へ。

      こちらは大山阿夫利神社下社。





      大山寺に比べるとちょっと大人しめ。
      でも鮮やか^^
      そして、当たり前だけどこちらの方が標高が高いので、より広い視野で相模平野を見渡す事が。



      この景色を見てしまったら、帰れません(笑)。
      ずっとここにいたくなる。

      ちなみに大山寺、下社ともに、無料のゆず茶がふるまわれています。



      土日祝日だけかもしれませんが。

      ちなみにこの三連休と来週の土日はケーブルカー8時まで運行。
      間の平日は午後6時まで。
      見ての通り見ごろまっ盛りなので、かなりおすすめ。

      例えば今日の場合、午後7時を過ぎるとかなり人が少なくなる(それでも多いけど(笑))印象なので、写真撮影目当てならその前後がおすすめ。
      車で来る場合、駐車場(特にケーブル駅に近い市営第二駐車場)はかなり混雑するので、麓に用意された臨時無料駐車場に車を止め、かなりの本数運行されるシャトルバスを利用した方がより確実。
      で、料金も安いです。
      (駐車場は市営が600円。土産物屋や旅館の駐車場は1000円前後。シャトルバスは片道200円)
      更に、バスはちゃんと要所要所で誘導されるので、駐車場待ちの渋滞をある程度スルーして、比較的早い時間で到着可能な印象でした。
      昼間は駐車場に登って行く道すがらずっと混んでいたようなので、ボクのように無理せず(笑)バスの方が安全確実かも。

      更にケーブルカーは、通常20分に1本〜30分に1本程度の割合なのですが、このライトアップ期間中は満員になり次第出発のピストン輸送。本数はかなり多いです。
      特に夜は、慣れていないと歩くのが相当大変(街灯がついている女坂でも本数はまばらで足元が見えない場所が多々)なので、無理せずケーブルカーを使いましょう。

      どっちも利用しなかったボクが言っても説得力はないけど(笑)。

      見てみたい方はぜひ参考に。

      2013.06.09 Sunday

      スポンサーサイト

      0



        02:14 | - | - | - | - | - | |
        関連する記事:

        コメント

        コメントする









        この記事のトラックバックURL

        http://yonosan.jugem.cc/trackback/1063

        トラックバック

        ▲top