ジスロマック

[YD]よのって、誰?

いや、正体はバレバレなんだけどね(笑)

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< あれあれっ!?〜観艦式本番・その2 | TOP | 祭りの後〜観艦式本番・その4 >>

2013.06.09 Sunday

スポンサーサイト

0


    一定期間更新がないため広告を表示しています


    | - | - | - | - | - | |
    2009.10.26 Monday

    もしかしてレア!?〜観艦式本番・その3

    0









      観閲付属部隊回頭。
      もちろん観閲部隊も回頭しています。



      海が穏やかでない分かえってダイナミック!
      このあたりから、あきらめは感動に変わりつつあった自分…(笑)。

      こちら側では、「あすか」「てんりゅう」の後ろに受閲4群「ぶんご」が見学のために後続。



      そしていよいよ訓練展示へ。




      波は相変わらず高いまま…




      訓練展示開始。
      祝砲の発射は見事に撮影に失敗したので、奇跡的に撮影できたボフォースの発射から(笑)。



      ピントは合っていませんが(^^ゞ

      そしてこちらも奇跡的に撮影に成功した潜水艦のドルフィン運動。

       

      「そうりゅう」はドルフィン運動ができないそうなので、こちらは多分「わかしお」。

      「ひゅうが」からのヘリ発艦はさすがに安定性が高いです(笑)。




      「ひゅうが」からヘリが飛び立つの初めて見た(笑)。
      (9月の防災訓練は見ていないので…)

      そしてLCACの高速航行。



      さっきの必死感はどこへやら。頼もしい航走ぶり。
      LCACというのはアレですな。スッ飛ばしてナンボのモンですな(笑)。

      さらに安定感の高いミサイル艇の高速航行。




      波しぶき感抜群。
      でも厳寒の日本海に比べれば軽い軽い…って感じ?

      IRデコイの撮影には見事に失敗。
      なにせ強風と波しぶきに耐えながら必死に撮影しているので、撮れているか撮れていないかを確認する余裕なんて、とてもとても…。

      ここから航空展示。

      まずはUS-1JとUS-2の展示から。




      本当は摸擬離着水の予定だったらしいけど、天候のせいでしょうか?ローパスで通過のみ。

      秀逸だったのはP-3Cの爆弾投下。
      本人は肉眼で確認できなかったのに、なぜか写真には納まっています。
      なぜうまく撮れたのかいまだ不明なのはこの写真だけ。



      逆に一番の見せ場、P-3CのIRフレア発射は、見事に撮りそびれてしまいました…。

      (つづく)
      2013.06.09 Sunday

      スポンサーサイト

      0



        01:05 | - | - | - | - | - | |
        関連する記事:

        コメント

        コメントする









        この記事のトラックバックURL

        http://yonosan.jugem.cc/trackback/1039

        トラックバック

        ▲top