ジスロマック

[YD]よのって、誰?

いや、正体はバレバレなんだけどね(笑)

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< たちかぜのいたあたり | TOP | 練習中 >>

2013.06.09 Sunday

スポンサーサイト

0


    一定期間更新がないため広告を表示しています


    | - | - | - | - | - | |
    2009.07.30 Thursday

    機種変

    0


       してしまいました。我慢しきれずに…(^^ゞ
      もう3週間程度になりますが。

      買ったのはSH001。

      本当は、

      ・カメラ800万画素程度以上
      ・SDHC対応
      ・防水

      の3つの条件が満たされる端末が出たら買おう…と思っていたのだけど、すでに今使っているW54Tに対するビミョーな不満がたまっていて、かつauの夏モデルがいかにも中途半端なスペックでちょっと失望してしまい、ついつい動買いしてしまったのです(^^ゞ


       W54Tに対するビミョーな不満と言うのは、

      ・LISMO Port対応前の旧au Music Port対応機種で、PCからの転送もケータイでの再生もイライラのし通し
      ・デジカメモードで撮影した、晴天の屋外以外で撮影した写真の品質が微妙

      というもので、それにバッテリーのヘタりが重なっていたことで、身に禁断症状が出始めていたのです(笑)。
      ちょうどW54Tが「料金プラン選択制」導入直前に購入したもので、かつ「安心ケータイサポート」もまだ始まっておらず、まだ「縛りらしいしばり」もなかったので、あまり戸惑いがなかったというか…

      なんていう次第で衝動買いしてしまったので、SH001の評価として

      ・反応が鈍い
      ・変換がおバカ
      ・背面の着信ランプの点滅パターンが貧相
      ・塗装(特に縁の銀色部分)がはがれやすい
      ・バッテリーの持ちが悪い

      なんていう評価があったというのも後で知った位(笑)。

      評判のあまり芳しくないKCP+端末でもあり、どうなのかは未知数だったのですが…

      個人的にはあんまり悪くない(笑)。
      というか、比較対象がW54Tなので、格段に機能が向上している実感が多々(笑)。

      元々W54Tと、その元になったW52Tは「重い」と評判の端末だったこともあり、ケータイ本体の「世代進化分」程度は早くなっている気がします。
      しかも、問題だった音楽転送が「au Music Port」から「SonicStage for LISMO」に変わったことで、今までは「普通に音楽を転送する」という事が一大事だったという異常事態が、とりあえず解消。
      いや、実際に100曲程度の音楽を転送するのに数時間かかったり、いきなりPC側でケータイを認識できなくなったり…散々な目に遭っていたので、「普通に転送」出来ることが画期的だったりするのです(涙)。

      SonicStageへの好き嫌いで世間は喧々諤々してたりもするのですが、個人的にSonicStageずっと愛用していたので問題なし。

      カメラ機能も、いずれこのブログで書くことがあるだろうけど、「さすがはCCDレンズ」と思わせることが多いかも。
      何より、800万画素の余力があることで、「200万画素ないしは300万画素モードでデジタルズーム」をした時の画質が向上。光学ズームモデルが出ない以上、それで補えるというのはかなり重要。
      最終的には光学ズームが付いてくれる事が理想なのだけれど、これはこれでかなり良し。

      ただし…
      ソフトバンクから「AQUOS Shot」が出て、それをうらやましげに横目に見つつ、auから同一スペックのマシンが出るのは当分先だろうと邪推し、まあこれなら良いか…と購入したものの、うわさでこの秋冬に「AQUOS Shot」が出るかも…なんていう話が。

      不満はないけど寿命は短いかも(^^ゞ

      2013.06.09 Sunday

      スポンサーサイト

      0



        19:53 | - | - | - | - | - | |
        関連する記事:

        コメント

        コメントする









        この記事のトラックバックURL

        http://yonosan.jugem.cc/trackback/1001

        トラックバック

        ▲top